第98回全国高校ラグビーフットボール大会鳥取県予選(県高校体育連盟など主催)は18日、米子市のどらやきドラマチックパーク米子球技場で決勝があり、米子工が53―7で倉吉総合産を破って2年ぶり8回目の優勝を決めた。12月27日に大阪府の東大阪市花園ラグビー場で始まる全国大会に出場する。

 2年前と同じ顔合わせ。米子工は前半2分、敵陣ゴール前から田中世良選手(3年)が左中間に先制トライを決めた。20、25分には抜け出した柏田幸大選手(同)が右中間にトライを決めて折り返した。後半も4分に江角翔選手(2年)が中央に飛び込んでトライを決め、その後も攻め続けて主導権を渡さなかった。

 倉吉総合産は後半29分、パスをつないで左中間に初トライ、ゴールも決めて一矢を報いた。