(18日、大相撲九州場所8日目)

 169センチ、115キロの十両・照強(てるつよし)が立ち合いで「猫だまし」を見せた。大翔鵬の顔の前で両手をパチン。潜り込んで左足をつかむ「足取り」で勝負を決めた。小兵の先輩、元小結舞の海も見せたことがある奇襲技。「練習? してないよ。きょう、1回も手たたいてないもん」と照強は満足げなのだが、残念。驚かせたはずの大翔鵬は猫だましに「気づかなかった」。