スピードスケートのワールドカップ(W杯)今季開幕戦、帯広大会第2日は17日、男女500メートル2本目があり、女子では平昌(ピョンチャン)五輪金メダルの小平奈緒(相沢病院)が37秒29で優勝。W杯のこの種目で2季前から続く連勝記録を17、国内外のレースでは31にそれぞれ伸ばした。W杯通算21勝目。男子は羽賀亮平(日本電産サンキョー)が34秒71で2位に入った。女子マススタートは平昌五輪金の高木菜那(日本電産サンキョー)が個人種目で今季初優勝。女子1500メートルは高木美帆(日体大助手)がトップと0秒09差の1分55秒12で2位。男子は格下のBクラスで山田将矢(日大)が1分45秒66の国内最高をマークした。