24歳の青年は、皆に肩を叩かれても、ほんのわずかに口元を緩ませるだけで、視線をあげようとはしなかった。時折上げた視線は虚空をさまよっているようにも見えた。それは、前日の彼の表情とは…

続きを読む(外部サイトへ)