2020年東京五輪・パラリンピックの大会スタッフと都市ボランティアが着るユニホームのデザイン選考委員会が14日、東京都内であり、来年3月半ばまでにはデザインを決めることを確認した。座長でファッションジャーナリストの生駒芳子さんは、「日本的(なデザイン)ではあるが、躍動感のあるものにしたい」と語った。

 選考委員会には、元SMAPの香取慎吾さんのほか、スタイリスト、ボランティア経験者らが参加。委員会を今後3回開き、30点ほどの候補から絞り込む。ユニホームは、シャツ、パンツ、シューズで、計約12万人が着用する。炎天下でも快適に活動できるよう、暑さ対策も重視するという。(平山亜理、山口史朗)