カタールで開かれた体操の世界選手権に初出場した山梨県笛吹市の梶田凪さん(甲斐清和高3年)が13日、山下政樹市長を表敬訪問し、大会の様子を報告した。

 梶田さんは日本女子のメンバーとして団体予選の4種目に出場した。段違い平行棒で得意とするG難度の伸身トカチェフを決めるなど、すべての種目で好演技を見せた。しかし、日本が6位に入った決勝には出場できなかった。「予選では自分の演技がしっかりできた。でも、決勝に出場できなかったことがすごく悔しい」と振り返った。

 来春からは中京大学へ進学する予定。目標とする2020年の東京五輪出場に向けて大切な1年となる。梶田さんは「まず来年の世界選手権に出場してメダルを獲得し、東京五輪に出場できるように頑張っていきたい」と抱負を述べた。(田中基之)