フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会は2日、ヘルシンキで開幕。女子ショートプログラム(SP)では、白岩優奈(関大ク)が63・77点で2位発進。平昌(ピョンチャン)五輪6位で10月のスケートアメリカ2位の坂本花織(シスメックス)が57・26点で7位、2017年四大陸選手権代表の本郷理華(中京大)は51・11点で11位となった。1位は同五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)で68・90点だった。ペアのSPは須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が46・22点で8位。