22年ぶりの日本一に向けて突き進む明治大学。頂点を目指すのは選手だけではない。主務、そしてアナリストとしてチームを支えている喜多川俵多(政経4=六甲)の志も同じだ。彼がなぜこの道を…

続きを読む(外部サイトへ)