障害があっても、風を切って走りたい――。病気で四肢まひを抱える山口市の山口南総合支援学校高等部1年、春名翔弥さん(15)が、4日に山口県下関市である下関海響マラソンに初出場する。2キロのファンランに足こぎ車いすで挑戦し、完走をめざす。

 10月末、春名さんが両足でペダルをこぎ、懸命に車いすをこいでいた。山口市のトレーニング施設から自宅までの約700メートルの道のりを、人が歩くのと同じぐらいのスピードで走り抜けた。目標は500メートルを18分以内に走ることだが、この日は8分42秒。春名さんは「余裕ですね。いけます」とにっこりと笑った。

 四肢まひとなったのは11歳のとき。脳出血で突如倒れ、目が覚めると病室のベッドに寝ていた。どこにいるのか分からず、ふと気づくと足が動かなかった。医者からは、再び歩けるようになるとしても20年はかかる、と言われた。