大相撲九州場所(11月11日初日、福岡国際センター)の新番付が29日に発表され、貴乃花親方(元横綱)の退職により移籍した千賀ノ浦部屋の貴景勝は自己最高タイの東小結に番付を上げた。

 移籍が決まったころは巡業に出ていたため、本格的に千賀ノ浦部屋での生活が始まるのはここから。福岡県篠栗町の宿舎で記者会見した貴景勝は「千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)のもとで頑張ると腹も決まっている。マイナスに考えることは何もない。どう番付を上げるかしか考えていない」。稽古は30日から始まる。

 千賀ノ浦親方はもともと貴乃花部屋付きだったため、貴景勝のことは角界入りしたころから見ている。部屋内で最高位となった22歳に、千賀ノ浦親方は「当時とは全然違って貫禄も出てきた。相撲に磨きをかけて、次は関脇に上がってもらいたい」と期待を寄せた。

 新番付では他に、先場所優勝の白鵬が東横綱に座り、関脇は御嶽海が3場所連続、逸ノ城が4場所連続で務める。新入幕はなし。再入幕は大奄美、明生、荒鷲の3人。