世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(32)=帝拳=が17日(日本時間18日)、2度目の防衛戦を控え、試合がある米ネバダ州ラスベガスで練習を公開した。軽いシャドーボクシングで体を動かし、「心身ともにいい状態」と、好調ぶりをアピールした。

 この日の練習会場は、ロンドン五輪で金メダルを獲得後、プロデビュー前に練習をしていたジムだった。「(ラスベガスでの試合は)、そのころ夢に描いていたことの一つだったので、それが実現できることをうれしく思う」。村田は20日(同21日)、同級3位のロブ・ブラント(28)=米国=と対戦する。(ラスベガス=山下弘展)