13日、マウンテニアリングブランド 「マウンテンハードウェア」主催のもと、強さと速さを競う新たなコンペティション「MOUNTAIN HARDWEAR CUP 2018」がグラビティリサーチ ミント神戸にて行われた。

 舞台となったのは兵庫県神戸市の複合商業施設「ミント神戸」屋上。地上80mの高さという抜群のロケーションで開かれた大会は、予め終了点にロープが支点確保されているトップロープ形式で実施され、ビギナー、ミドル、マスターの3クラスから構成。到達点とそのスピードを競う日本ではあまり目にしなかったフォーマットで、決勝トーナメントは同一ルートを隣り合わせで登るデュアル方式が採用された。

 最上位のマスタークラスには、ゲスト選手として日本代表の杉本怜や、大場美和、マウンテンハードウェアのサポートクライマーである野村英司が招かれたほか、ユース日本代表の抜井亮瑛、谷井菜月らも参加。トップクライマーによるハイレベルな争いも見どころとなった。

予選の様子。事前にルートを確認できるフラッシング方式で、選手は2本の試技を行った。

ユース日本代表の谷井菜月は、2ルートをともに完登して予選首位通過となった。

地上80mの高さにある “天空のクライミングジム” からは、美しい神戸の街並みや六甲山の山々が見渡せる。



 スピード感あふれる戦いを勝ち抜き、マスタークラスの決勝戦に駒を進めたのは男子が杉本と抜井、女子は15歳・谷井と12歳・菊川花恋の2人。先に行なわれた女子決勝では、中盤からリードした谷井が逃げ切って優勝。はじめての大会形式に「緊張したけど楽しかった」といい、隣の選手も「少し気になった」とはにかんだ谷井が、今年の世界ユース選手権でリード、ボルダリングの2冠(ユースB)に輝いた実力をみせ、新世代同士の対決を制した。

 男子決勝は、最後まで勢いを維持した杉本に軍配が上がった。杉本は「ガバが付いていて登りやすくしてくれてるのかなと思いましたが、意外と難しくて、予選では落ちそうになり焦りました。決勝はライトアップもされた幻想的な雰囲気で楽しかったです」と大会を振り返り、用意された賞金の15万円を手にした。

デュアルルートで行われた決勝トーナメント。

男子マスタークラス優勝を果たした杉本怜。