フィギュアスケートの羽生結弦選手を収めた写真集「YUZURUII」の発売記念写真展が、仙台市青葉区の地下鉄東西線・国際センター駅2階の「青葉の風テラス」で始まった。入場無料で21日まで。

 ソチ五輪以降の写真を中心に、演技中の真剣な表情や笑顔を見せるオフショットなど61点を展示。熱心に見つめるファンらでにぎわっている。

 初日の15日には、撮影した写真家の能登直さん(41)も会場に駆けつけた。国民栄誉賞授与式や、演技前にコーチと握手するシーンなど「レアショットがたくさんあります」。羽生選手が10代の頃から追い続けているからこそ引き出せる柔らかい表情も見どころ。「普段と違う姿を楽しんだり、写真を見て感動をまた思い出したりして欲しい」