「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」

鎌田 光津希 かまた・みずき
横芝敬愛高→敬愛大→徳島インディゴソックス
投手・右投右打・180センチ91キロ
1995年9月6日生(23歳)

 

 今季、西武でルーキーイヤーにして2勝を上げた本格派右腕・伊藤翔を輩出した四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスが自信を持って薦める最速155キロ右腕だ。変化球も2種類のフォーク、2種類のスライダーなどを操り、中でも西武で「投げる不動明王」の異名を取った石井貴監督から直伝された120キロ台のナックルカーブはNPBに進んでも貴重な武器になりえる軌道を描く。

 そんな鎌田は伊藤と同じ千葉県匝瑳市出身で高校は伊藤の3年先輩。しかも2人の実家同士もわずか1キロ程度である。鎌田自身は匝瑳市立野田小3年で少林寺拳法から転じ、軟式・野栄スポーツ少年団で野球を始めると、匝瑳市立野栄中では軟式野球部に所属。横芝敬愛高では冬場のトレーニングが功を奏し、120キロ中盤から最終的には145キロまで球速を伸ばした。ちなみにプロ志望届を提出した高校3年冬には四国アイランドリーグplusが主催した「Winter league2013」にも参加し、一度は徳島インディゴソックスから1位指名も受けている。

 指名を辞退し高校系列の敬愛大に進学した大学4年間は1・2年で千葉県大学リーグ8勝を上げ、球速も149キロに到達するも、3・4年では勝ち星なし。それでも「悔いを残したくない」と次の舞台を模索していたところ、3年の時を経て徳島インディゴソックスとの縁がつながった形となった。

 今季の四国アイランドリーグplusのリーグ成績は17試合に登板し4勝3敗1セーブ。76回を投げ79奪三振をマークし防御率2.49。6月・臺中市台灣人壽成棒隊との国際交流戦では最速155キロを叩き出すと、後期は「フォークを決め球にすることと、1球1球の配球を考えながらやった結果」防御率1.57と尻上がりに状態を上げた。

 目指す投手像は「わかっていても打てない」強いボールを投げられる本格派右腕。鎌田光津希は「失敗しながら学んだ」四国アイランドリーグplusでの経験を活かし、「超えなきゃいけない存在」伊藤翔の上を行くスタートラインに10月25日、立とうとしている。