フィギュアスケート男子の高橋大輔(関大ク)らがかつて練習拠点にしていた大阪府高石市の府立臨海スポーツセンター(SC)で14日、改修工事完成記念イベントがあった。

 高橋はリンクに立ち、「存続について支援していただいた方、ありがとうございました」と感謝を述べた。大学生時代に練習していたリンクがなくなって困っていた時、臨海SCに助けてもらったという高橋は「このリンクにいた時に五輪に出させてもらった。帰ってきた時に周りの方の喜んでくれている姿が思い出になっている」と語った。11月にある西日本選手権へのコンディション調整のため、予定していた演技の披露を見合わせた。