立大が2本の本塁打などでリードを奪い、4対3で慶大に逃げ切り勝ち。今カードの対戦成績を1勝1敗として3回戦へと持ち込んだ。

前日1対4で敗れた立大は、その試合で3回途中からリリーフ登板して4回2/3を1被弾のみの1安打に抑えた中川颯(2年・桐光学園)が先発として2日連続のマウンドに上った。すると打線が援護。ピンチを凌いだ直後の2回裏、今春4本塁打の5番・三井健右(2年・大阪桐蔭)が今秋1号弾となる先制ソロアーチ。3回表に同点に追い付かれるも、4回裏に走者を一人置いた状況で、今度は4番・種田真大(4年・大垣日大)が今秋2本目となる本塁打を放ってリードを奪った。

4回裏、ライトへ2ランを放った立大・種田がダイヤモンドを一周してホームイン

前日の敗戦後に、溝口智成監督から喝を入れられた立大ナイン。選手だけでミーティングを行い、「今日は相当な覚悟を持って試合に臨んだ。その気持ちが今日は出せたと思います」と種田。投げては、先発の中川が気迫あふれるピッチングで6回を4安打1失点に抑え、その後の中継ぎ陣も点を奪われながらも何とか踏ん張ると、7回裏には藤野隼大(3年・川越東)のタイムリー2塁打を放って貴重な追加点。土壇場の9回表には4番手・川端健斗(1年・秀岳館)が無死満塁の大ピンチを背負ったが、後続を抑えて逃げ切り成功。「今日はチーム全体が目の色を変えて戦った」と溝口監督。チーム一丸、執念で勝利を掴み取った。

リリーフ&先発と2日連続のマウンドで力投した立大・中川

  敗れた慶大は、7回表に代打・正木智也(1年・慶應)のタイムリーで1点差に詰め寄ったが、8回表無死1、3塁の好機に4番・郡司裕也(3年・仙台育英)が併殺打に倒れて1点止まり。9回表には無死満塁の絶好機を掴んだが、浅い外野フライ2本に空振り三振。立大の4残塁に対して8残塁と、あと1本が出なかった。

9回表に無死満塁の絶好機を掴んだ慶大だったが、最後は渡部が空振り三振

■慶應義塾大vs立教大2回戦
慶応義塾大 001 000 110=3
立教大   010 200 10X=4
【慶】●髙橋亮、前田、木澤-郡司
【立】○中川、江口、手塚、川端健-藤野
本塁打:立教大・三井《2回ソロ》、種田《4回2ラン》

◎立教大・溝口智成監督
「ゲーム展開的にはもう少し楽に勝てるかなと思いましたが、慶應さんも優勝がかかっていますからね。川端もよく最後は頑張りました。自分で招いたピンチですが、ああやってノーアウト満塁を抑えられるのも彼の力でしょう。今日はチーム全体が目の色を変えて戦った。その気持ちがあったから1点差のゲームを勝てたんだと思います」

◎立教大・種田真大(4年・大垣日大)
「正直、厳しい戦いが続いていましたが、立教の意地、4年生としての意地を、後輩たちや観に来てくれている方、監督さんやベンチ外のメンバーに見せ付けたい。悔いを残さないように、1球1球を完全燃焼したい」

◎立教大・三井健右(2年・大阪桐蔭)
「(先制ソロは)久々に良いバッティングができた。悔しい思いをけっこうしてきたので、あのひと振りで少しは返せたかなと思います。4年生にはお世話になっている。最後は勝って送り出したい。その力にちょっとでもなれるように頑張りたい」