フィギュアスケートの近畿選手権が8日、兵庫県尼崎市の尼崎スポーツの森であり、男子は前日のショートプログラム(SP)で首位に立った高橋大輔(関大ク)がフリーで118・54点を出し、合計195・82点で3位に入った。11月に愛知県である西日本選手権に駒を進めた。友野一希(同大)が206・80点で優勝した。

 高橋はSPに続き、この日も満員に埋まった会場からの大声援を一身に受けた。冒頭の連続ジャンプは着氷したが、その後のジャンプでは転倒する場面も。演技が終わると苦笑いを浮かべた。高橋は「最低ですね。練習でもここまでボロボロはほとんどしたことなかった。現役復帰してから、こんなにボロクソの演技は初めてだった」と笑いながら語った。