東京六大学野球の秋季リーグ戦は8日、神宮球場で第5週の3回戦が行われ、明大が3カード目で今季初の勝ち点を挙げた。三回は渡辺佳(4年、横浜)、五回は添田(3年、作新学院)が適時打を放って接戦を制した。先発の森下暢(3年、大分商)は被安打1の快投。東大は1998年春から42季連続となる最下位が決まった。

■明大・森下、ノーヒットノーランならず

 「野球って難しいなって思いました」。完投でつかんだ白星にも、明大の森下暢(3年、大分商)は苦笑を浮かべた。150キロ超の直球を武器に、八回終了時まで被安打0。だが九回、先頭打者に抜けたカーブを左前安打にされた。無安打無得点試合を逃すと、四球も絡んで1点を失い完封もならず。「最後はメンタル(の弱さ)が出て、周りが見えなくなっていた」と反省しきりだった。