4年ぶりに現役復帰したフィギュアスケート男子のバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32、関大ク)が7日、復帰戦となった兵庫県尼崎市で開かれた近畿選手権に出場。ショートプログラムで77・28点をマークし、首位に立った。

 高橋が直前の6分間練習に登場すると、満員に埋まった会場から大歓声が起きた。「想像以上に緊張してびっくりした。足がガクガク、フワフワした」。上は白色、下は黒色の衣装を身にまとい、冒頭のトリプルアクセルを見事に着氷させるなど、全てのジャンプを着氷した。4年ぶりとなる勝負の舞台を終え、安心した表情を浮かべた高橋は「幸せを感じている。今日を経験したので、緊張に対する準備もできる。明日は出し切れるようにしたい」と8日のフリーを見据えた。

 2014年に現役を引退したが、今年7月に電撃的に復帰を発表。8月には左足を痛めてアイスショーの滑走を見送ることもあったが、きっちりと近畿選手権に調整してきた。