投打のかみあった法大が5対1で勝利し、先勝。

5回1失点で今季2勝目を挙げた法大・三浦

 

三浦銀二投手(1年・福岡大大濠)と川端健斗投手(1年・秀岳館)の両1年生先発で幕を開けた一戦。先制したのは法政大だった。
2回四球と二塁打で無死二、三塁のチャンスを作ると、吉岡郁哉内野手(4年・智弁学園)にタイムリーが生まれる。続く相馬優人内野手(3年・健大高崎)のスクイズで追加点、さらに暴投でこの回3点を奪った。

6回には敵失と死球で無死一、三塁のチャンスに川口凌内野手(4年・横浜)がタイムリーを放ち4点目を奪い、さらに満塁と好機を広げ、押し出し四球でダメ押しした。
3日の慶大3回戦以来、中2日の登板になった三浦は「優勝するためには負けられない一戦」と気持ちをこめてマウンドに立った。序盤からランナーを背負いながらも、仲間の援護もあり粘り強いピッチングで5回1失点と試合を作る。
2番手の石川達也投手(2年・横浜)も3イニングを1安打に抑える好投でリードを守り、最終回は菅野秀哉投手(4年・小高工)がランナーを出しながらも無失点で切り抜け、逃げ切った。

法大・川口凌は前の試合から5打席連続安打と当たっている

◎法政大・青木久典監督
「三浦は最初から5回までのつもりでしたが、よくゲームを作ってくれました。石川もしっかりタイミングを外してくれました。6回の追加点を取れたのが大きかったです。うちはやるべきことをやって、一戦必勝という思いです」
◎法政大・川口凌内野手
「(4安打について)最後のリーグ戦なので、後悔のないように打席に入っていることがいいのだと思います。3日の法大戦に負けた日は引きずって、悔しい思いがよみがえることもありましたが、切り替えて残りを4連勝しようとみんなで話をしました」

★法政大vs立教大1回戦
法大 030002000=5
立大 000100000=1
【法】○三浦、石川、菅野-中村浩
【立】●川端健、比屋根、手塚、江口-藤野、竹葉
※法大1勝

文・写真=山田沙希子