新潟の地域スポーツに特化した雑誌「スタンダード新潟」が近く創刊される。企画した新潟市のウェブ制作会社長らが2日、発表した。他の媒体にも出るようなメジャーな選手にとどまらず、普段は光の当たらない様々な競技に励む地元の小中高校生らを紹介し、地域を盛り上げたい。そんな思いがあるという。

 「僕たちのまちの子どもたちの将来への道を広げてあげる雑誌にしたい」。2日に開いた記者会見で、「クワサンプラス」(新潟市西区青山新町)社長の桑原幸夫さん(52)はそう話した。

 桑原さんは新潟市出身で、不動産情報誌での勤務などを経て、2013年に同社を立ち上げた。自身もバスケットボールをするなどスポーツが好きで、スポーツ専門の地域誌ができないか検討。すでに岩手県や宮城県で軌道に乗っている「スタンダード」にならい、発行に至った。