法大が13安打3本塁打と打線が繋がり、8対2で勝利。勝ち点の行方は明日の3回戦に持ち越された。


法大・宇草の先頭打者弾がチームに勢いをつけた


 法大は初回に1点を先制されたその裏、宇草孔基外野手(3年・常総学院)の先頭打者アーチですぐさま追いつく。3回には無死二塁から中山内野手のタイムリーで勝ち越しに成功すると、続く中村浩人捕手(4年・多良木)がレフトスタンドへ2ランを放ち4点目。さらに途中出場の吉岡郁哉内野手(4年・智弁学園)がソロ本塁打を放って5-1とリードを広げる。1点を返された4回には向山基生外野手(4年・法政二)と中山の連続タイムリーが生まれて慶大を突き放した。


守備でも勝利に貢献した法大・中村浩人


直球、変化球ともに持ち味を発揮した法大・菅野


5回からは菅野秀哉投手(4年・小高工)が登板し、1安打1四球と好救援。打っても2安打1打点と投打に活躍を見せた。
法大・青木久典監督は「(昨日は1-2で敗れたが)今日は宇草のホームランからよく打線が奮起してくれた。菅野もよく投げてくれました」と選手をねぎらった。

慶大は初回、ヒットと2四球で満塁のチャンスを作るが暴投による1点のみと決定打に欠き、2回には無死一塁の場面にも2つの犠打失敗。前半は毎回走者を出すもなかなか得点に結びつかず、菅野の前に逆転の糸口は見つけられなかった。

★法政大vs慶應義塾大2回戦
慶大 100100000=2
法大 10420010X=8
【慶】●森田晃、木澤、津留崎、前田-郡司
【法】高田、○菅野-中村浩
本塁打:法政大・宇草(1回ソロ)、中村浩(3回2ラン)、吉岡(3回ソロ)
※1勝1敗

◎法大・中村浩人捕手(4年・多良木)
「(3回のホームラン)打ったのはストレート。前の中山が打ってくれたので楽な気持ちで、次の川口凌に繋げようと思っていました。これからどんどんチームに貢献できればいいですし、明日も勝ち点を取れればいいと思います」

文・写真=山田沙希子