第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体2018)が29日、開会する。福井での国体開催は1968年以来50年ぶりとなる。この大会には47都道府県の選手団約2万3千人が参加。10月9日の閉会日まで県内各地の会場で、34の正式競技が予定されている。

 一部の競技は先行してスタート。26日にあった自転車の男子チームスプリントでは、福井県勢が大会新記録で優勝を飾った。

 国体は都道府県対抗で、各競技の8位以上に割り振られた点数の合計を男女総合成績(天皇杯)、女子総合成績(皇后杯)に分けて算出する。福井県選手団は「全競技種目別で一つでも多くの入賞を目標に一致団結し総合優勝を目指す」とのコメントを出した。