3年前、右肘の手術をしたのだという。長年ずっと投げ続けた”職業病”の結果だ。今年44歳になった部坂俊之さんは、今も日々、130から140球ぐらいは投げている。仕事は、打撃投手。試合…

続きを読む(外部サイトへ)