4日、埼玉県・加須市で行われた日本選手権リード競技大会2018の決勝。女子では、14歳の森秋彩(もり・あい)が決勝唯一の完登で初優勝。TEAM auの野口啓代が2位、伊藤ふたばは3位に入った。男子は、リード代表のエース・是永敬一郎がこちらも初優勝で、2位にはTEAM auの楢﨑智亜が入った。

女子結果
1位:森 秋彩(14)/TOP
2位:野口 啓代(28)/33+
3位:伊藤 ふたば(15)/27+
4位:田嶋 あいか(19)/22
5位:谷井 菜月(22)/21+(準決勝4位)
 

男子結果
1位:是永 敬一郎(22)/32+
2位:楢崎 智亜(21)/32
3位:土肥 圭太(17)/30+
4位:本間 大晴(18)/30
5位:中野 稔(34)/29+(準決勝3位)

その他、ハイライト動画はこちら(https://sportsbull.jp/climbingtv/