栃木県那須塩原市高柳の「にしなすの運動公園」で24日、2020年の東京五輪・パラリンピックを盛り上げるイベントが行われ、リオデジャネイロ五輪水泳男子400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介選手(24)=ブリヂストン=が、子どもたちに水泳のレッスンをした。

 同市内に工場を持つブリヂストンの主催。レッスンでは萩野選手が子どもたちの目の前で泳ぎ、一級のスイマーぶりを披露すると、子どもたちは「すごーい」「速い」などと感嘆していた。

 萩野選手は小山市出身で、子供たちの言葉に「懐かしいようなイントネーションでいい」とリフレッシュできた様子を見せた。東京五輪では競泳の最初の決勝種目が400メートル個人メドレーになったことも念頭に、「2020年に世界記録を更新して優勝するのが僕の一番の目標。それに向けて何をすべきかがわかってきた」と、自らを鼓舞するように話した。

 イベントには他にも北京五輪ソフトボールの金メダリスト、五輪サッカーの元監督も加わり、総勢9人のオリンピアン、パラリンピアンらが指導した。(池田敏行)