日本時間23日、AFC U-16選手権の2戦目が行われ、U-16日本代表はのU-16タジキスタン代表と対戦。地力に勝る日本は一方的にボールを保持するものの、人数をかけて守備を固めるタジキスタンの守備を崩すことはできず。0対0の引き分けに終わり、決勝トーナメント進出は3戦目に持ち越しとなった。

勝ってグループリーグ突破を決めたい日本。中2日で迎える2試合目は、初戦からスタメン7人を替えて臨んだ。GK野澤大志ブランドン、最終ラインは右から山田奈央、キャプテンの半田陸、佐古真礼、石田侑資。中盤の底に横川旦陽。2列目に右から荒木遼太郎、中野桂太、三戸舜介、近藤蔵波。ワントップに青木友佑が入る、4-1-4-1でスタートした。

日本は立ち上がりからボールを保持する局面は多いものの、タジキスタンの固い守備の前にシュートに持ち込むことができない。攻撃に変化をつけようと、佐古が最終ラインから長距離のパスを送り、2列目の荒木、中野桂、三戸、近藤が豊富な運動量で攻撃の起点になるが、ゴールが遠い。

前半をスコアレスで折り返した日本は、後半から右サイドバックの山田に替えて、縦への推進力のある角昂志郎を起用。さらにシステムを4-2-3-1に変更し、リズムに変化をつけようと試みる。

後半1分には中野が得意の左足で強烈なミドルシュートを放つが、わずかにゴールの枠を外れた。後半19分には青木に替えて、初戦で存在感を見せた10番の西川潤を投入。エースにゴールへの希望を託す。

しかし、日本はタジキスタンの人数をかけた守備の前に打開力を欠き、決定機を作ることができない。後半35分、日本は3枚目のカードを切る。三戸に替えて、中盤の要・山内翔を投入。直後の後半37分、西川のスルーパスに抜け出した荒木が右足で強烈なシュートを打つが、GKの正面を突いた。

後半42分にはコーナーキックのボールを長身の佐古が頭で合わせるが、ゴールの枠を捉えることはできない。後半アディショナルタイムにも途中出場の山内、西川が絡んで猛攻を仕掛けるが、10人でゴール前に人垣を作るタジキスタンの守備を突破することはできず。結局、0対0の引き分けに終わった。

試合後、森山佳郎監督は「相手の脅威的な粘りに対して、崩すだけのクオリティを示せなかった」と振り返り、3戦目のマレーシア戦については「勝てば1位なので、下を向く必要はない。しっかり勝って決勝トーナメントにつなげたい」と前を向いた。

キャプテンの半田は「前半から、後半のような攻撃ができていれば、チャンスをもっと作れていたと思う」と悔しい表情。2試合を終えて勝ち点4を得て、グループ首位には立ったものの、もどかしさの残る引き分けだった。

日本は最終戦、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。勝って気持ちよく決勝トーナメントに向かいたい日本の3戦目、マレーシア戦は26日(水)17時25分より、CSテレ朝チャンネル2で生中継される。