9回表に均衡を破った法大が2対0で明大に勝利。今カード2勝1分けとして勝ち点を獲得し、首位に浮上した。

 

2試合連続の好リリーフで2日連続の白星をマークした法大・石川

 

 3対3の引き分けに終わった2日前と同じく、法大・三浦銀二(1年・福岡大大濠)、明大・森下暢仁(3年・大分商)の両先発で開始された一戦。

この日も投手戦の様相を呈し、森下暢が1球1球を丁寧に投げて序盤3回を1安打に抑えると、三浦は4回まで毎回走者を背負いながらも要所では伸びのあるストレートをコーナーに決め、こちらも無失点を継続。試合は両チーム無得点の緊迫の投手戦のまま終盤に突入した。

 転機は8回表。法大は2死1塁の場面で、それまで7回6安打1四球無失点だった先発・三浦に代打を送るも凡退。明大としてはそこを突破口としたかったが、前日も好リリーフを見せた法大・石川達也(2年・横浜)が、この日も気迫あふれるピッチングで8回裏を無失点に抑えて味方の攻撃へと移した。

 

均衡を破る貴重な決勝打を放った法大・向山

 

 すると9回表、先頭の宇草孔基(3年・常総学院)がヒットで出塁。犠打で1死2塁となって、「絶対に打ってやろうと思った」という3番・向山基生(4年・法政二)がセンター前へ弾き返して1点を先制。さらに続く4番・中山翔太(4年・履正社)も「どんな球でも自分のスイングをしようと思っていた。(感触は)良かった」とレフトオーバーのタイムリーを放って2点目。その裏を石川が抑えて完封リレーを完成させた。

 

中山のダメ押しタイムリーで向山が生還。追加点に盛り上がる法大ベンチ

 

これで法大は開幕2カード連続で勝ち点を獲得して首位に浮上。その中で石川が5試合で3勝目を挙げ、青木監督は「どんな場面でも腕を振って、打者の胸元を付ける。チームに勇気を与えてくれる」と防御率0.00の左腕を賛辞。チームも勢いに乗り、主将の向山は「チームはいい雰囲気。これから一つも落とさずに完全優勝したい」と今後の戦いに向けて息巻いた。

■法政大vs明治大3回戦
法政大 000 000 002=2
明治大 000 000 000=0
【法】三浦、〇石川-中村浩
【明】●森下暢-西野

◎法政大・青木久典監督
「最後はナイスバッティングでした。(明大の)森下君が本当に良いピッチングをしていたので、本当にワンチャンスだった。全体的にボールが高くはあったので、そこを最後はよく仕留めてくれた。おされていたゲーム展開の中で、よく土俵際で踏ん張ってくれた。近年はスタートダッシュで出遅れていたので、これでかなり勢いがつくと思います」

◎法政大・向山基生(4年・法政二)
「(9回の場面は)絶対に打ってやろうと思った。甘い球が来たら思い切って打ちに行こうと思っていた。前の早大戦でいいところで打てていなかったので、やっと打てました。これまでなかなか開幕から連勝できていなかったのでチームは良い雰囲気。これから一つも落とさずに完全優勝したい」

◎法政大・中山翔太(4年・履正社)
「どんな球でも自分のスイングをしようと思っていた。(感触は)良かった。三浦も石川も、下級生ですけどすごい気迫が伝わって来る、それに自分たち4年生が応えられて良かった。これから地に足を付けて、1勝1勝積み重ねていきたい」