ロシア・モスクワで行われたのIFSC世界ユース選手権で15日、ジュニア (1999・2000年生まれ)、ユースA (2001・2002年生まれれ)リード種目の決勝が行われ、ジュニアで楢﨑明智(TEAM au)が優勝。楢﨑はボルダリングでも優勝を果たしており、2種目での二冠達成となった。原田海(はらだ・かい/神奈川大学)は3位に入り、今大会2つ目の銅メダルを獲得した。ユースA女子では伊藤ふたば(TEAM au)が2位に入り、ボルダリングに続き、表彰台に上がった。

楢﨑明智(ならさき・めいち)
1999年5月13日生まれ、19歳 。栃木県出身。昨年の世界ユース選手権では、複合で優勝、ボルダリング2位、リード2位。コンバ インドジャパンカップでは兄・智亜と接戦の末2位。9月の世界選手権代表にも選出され、ボルダリング、リード、スピードの 3種目複合での活躍も期待される。

伊藤ふたば(いとう・ふたば) 2002年4月25日生まれ、16歳。岩手県出身。2017年ボルダリングジャパンカップで野口、野中をおさえて最年少で優勝し、一躍注目を浴びる。今年からワールドカップにも参戦し、八王子大会では決勝に進出、6位に入った。昨年の世界ユース選手権ではユースB ボルダリングで優勝、リード、複合では3位に入った。

その他、ハイライト動画はこちら(https://sportsbull.jp/climbingtv/