フィギュアスケートのアイスショーが18日、広島市西区で開かれた。

 プロたちでつくる「プリンスアイスワールドチーム」が、音楽や光、映像が一体となった氷上で群舞を披露。元世界女王の安藤美姫さんや14年ソチ五輪5位の町田樹さん、06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコさんらがゲスト出演し、華麗な演技で花を添えた。

 元五輪代表の織田信成さんは、故・西城秀樹さんの「Y・M・C・A」を盛り込んだメドレーで会場を沸かせた。

 4年ぶりに現役復帰した高橋大輔さんは、練習中に左足内転筋肉離れのけがを負って滑走しなかったが、マイクを持って登場。「きっちり治して、ちゃんとした演技を披露できるよう頑張りたい」と話した。そして7月の西日本豪雨にも触れ、「少しでも早い復旧を願っています」と語った。(東郷隆)