現地7月3日、ニューイングランド・ペイトリオッツWRジュリアン・エデルマンがPED(運動能力強化薬物)を使用した事実が確認され、開幕4試合の出場停止が決定した。エデルマンは現地6月7日に行われた検査で陽性反応が出ており、事情聴取を経て処分が下った。7月5日の時点でエデルマン、ニューオリンズ・セインツRBマーク・イングラム、タンパベイ・バッカニアーズQBジェイミス・ウインストンらを含む24人の選手が出場停止を課せられている。出場停止は、レギュラーシーズン第1週から適用され、出場停止期間が終わるまでは練習への参加など、チームとの接触が禁止される。ただし、オフシーズン中の練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンの試合への参加は可能となっている。