日本ゴルフツアー機構(JGTO)が、日本ツアー選手権森ビル杯宍戸ヒルズのプロアマ大会で一緒にプレーした男性招待客に不愉快な思いをさせた片山晋呉選手(45)を処分した問題で、選手会が3日、北海道内で臨時の会合を開いた。JGTOによると、約70人が集まり、プロアマ大会でのプレーのあり方などを確認したという。

 会合ではJGTOの渡辺司理事が、プロアマ大会では自分の打ち方を見せてアドバイスしたり、自分の練習をする場合は招待客に声をかけたりしてほしいなどと話した。石川遼選手会長も「プロアマ大会で自分のファンになってもらう。ファンを一人でも増やすことは非常に大切なこと」と呼びかけたという。

 選手たちは、長嶋茂雄招待セガサミー杯(北海道・ザ・ノースカントリーGC)開幕前日の4日にあるプロアマ大会に出場する予定。