ニューイングランド・ペイトリオッツWRジュリアン・エデルマンがPED(運動能力強化薬物)を使用しNFLの規定に違反した疑いがかけられている。NFLによる検査では陽性反応が出ており、使用が事実であると確認された場合4試合の出場停止処分を受ける見込みだ。エデルマンは昨季プレシーズンのACL(前十字靭帯)断裂で1年間欠場。手術を受け、現地5月22日にはチームの練習に参加し、順調に回復している様子が見られていた。

エデルマンはQBトム・ブレイディも信頼する、ペイトリオッツの主力選手。4試合の欠場はチームに大きく影響する。エデルマンが先発する機会を増やした2013年シーズン以降、出場した試合での勝率が83.6パーセントだったのに対し、欠場した試合では68パーセントにまで低下。昨季はエデルマンなしでスーパーボウルに出場しているが、WRダニー・アメンドラはマイアミ・ドルフィンズに、ブランドン・クックスはロサンゼルス・ラムズにそれぞれ移籍している。エデルマン以外に10人のWRが現時点でロースターに登録されているが穴を埋めるのは容易ではないだろう。ペイトリオッツは、第1週はヒューストン・テキサンズ、第2週はジャクソンビル・ジャガーズ、第3週はデトロイト・ライオンズ、第4週はマイアミ・ドルフィンズと対戦する予定だ。

オーウェンズ殿堂入り受賞式典を辞退

テレル・オーウェンズが現地8月4日にオハイオ州キャントン市で行われる、プロフットボール殿堂入り受賞式典に参加しないことを発表した。オーウェンズは1996年ドラフト3巡で49ナーズに指名され、フィラデルフィア・イーグルス、ダラス・カウボーイズ、シンシナティ・ベンガルズでWRとしてプレー。2010年に引退するまでの15年間で歴代8位の1078捕球、7位の15934ヤード獲得、3位の153TDを記録した。元ボルチモア・レイブンスLBレイ・ルイス、ミネソタ・バイキングスWRランディ・モス、シカゴ・ベアーズLBブライアン・アーラッカーと共に殿堂入り受賞式典に参加する予定だった。

「プロフットボール殿堂入りに関しては感謝しているが、キャントンでの式典には参加しないと決めた。以前カントンに行った時に、俺の人生の中でも大切な日を他の場所で過ごしたいと思った」と発表。どこでいつ殿堂入りを祝うかは後日発表すると付け加えた。