ミネソタ・バイキングス

1巡30位指名CBマイク・ヒューズ中央フロリダ大学

2巡62位指名OTブライアン・オニールピッツバーグ大学

4巡102位指名 DEジェイリン・ホームズオハイオ州立大学

5巡157位指名TEタイラー・コンクリン中央ミシガン大学

5巡167位指名Kダニエル・カールソンオーバーン大学

6巡213位指名Gコルビー・ゴセットアパラチア州立大学

6巡218位指名DEアデイ・アルーナテュレーン大学

7巡225位指名LBデヴァンテ・ダウンズカリフォルニア大学

バイキングスにはゼイビアー・ローズとハリソン・スミス2人の優秀なDBが所属。失点、喪失ヤードともに最小の最強守備だったが、昨季のディビジョナルプレーオフではフィラデルフィア・イーグルス相手に38失点。改善の余地を感じさせる内容だった。昨季無敗の中央フロリダ大学からドラフト30位でCBヒューズを指名。ベストCBとして21ヤード以上のゲインを一度も許さない活躍を見せた選手だ。ヒューズは1年時は北カロライナ大学でプレーしていたが、性的暴行を行なった疑いで退学処分に。1年間ガーデンシティー公立短期大学でプレーしたのちに中央フロリダ大学に移籍。高校まではQBとしてプレーしていたため、CBの経験は大学の間のみ。しかもディビジョン1FBSでプレーした期間は3年時の1年間のみと、経験不足なのが欠点。「バイキングスにはベテランが多く、早く彼らから学びたい。チームに長く所属して上達したい」既に強力な守備を改善したバイキングスと、経験に不安のあるヒューズは欠点を補完し合う完璧なマッチングとなった。

QBカーク・カズンズを獲得したものの、カズンズを守るOLに不安が残るのか、62位でオニール、213位でゴセット、2人のOLを指名した。オニールは40ヤード走がOL中最速の4秒82と運動能力に優れる一方、198センチ134キロと他のドラフトにかかっているOTに比べやや軽めなのが不安要素だ。

デトロイト・ライオンズ

1巡20位指名Cフランク・ラグノーアーカンソー大学

2巡43位指名RBケリオン・ジョンソンオーバーン大学

3巡82位指名Sトレイシー・ウォーカールイジアナ大学

4巡114位指名DEデショウン・ハンドアラバマ大学

5巡153位指名OTタイレル・クロスビーオレゴン州立大学

7巡237位指名 FBニック・ボーデンサンディエゴ州立大学

昨季32位のラン攻撃を克服すべく、20位でCラグノーを指名。過去20年で11人のCが1巡で指名され、中でも20位は4番目に早い指名だった。指名順が高すぎるとの声がある一方で、ランブロックに優れ、大学中に一度もQBサックを許さなかったラグノーはNFLでも優秀なCになる得るポテンシャルの持ち主。2巡43位のRBジョンソンは、昨季285回走1391ヤード18TDで、ラン1回平均4.9ヤードを記録。59位でワシントン・レッドスキンズに指名され、大学在学中はラン1回平均6.5ヤード獲得していたRBダリウス・ガイスが残っているにも関わらず指名された。疑問の残る指名ではあるが、ジョンソンも素早く穴を見つけるセンスが、大学時代のプレーからも見られた。活躍の規定できる選手だ。

昨季までのニューイングランド・ペイトリオッツ守備コーディネーター、マット・パトリシアがHCに就任し、守備の補強にも注目が集まったが、やや不可解なドラフトとなった。82位指名のSウォーカーはパス守備よりもラン守備が得意な選手。昨季27位のライオンズパス守備の解決にはならない。DEハンドは4年間でわずか9QBサック。4巡指名であっても1年あたち5QBサックを挙げている選手が少なくないため、実績不足。

グリーンベイ・パッカーズ

1巡18位指名CBジェアー・アレクサンダールイビル大学

2巡45位指名CBジョッシュ・ジャクソンアイオワ大学

3巡88位指名LBオレン・バークスバンダービルト大学

4巡133位指名WRジャモーン・ムーアミズーリ大学

5巡138位指名OTコール・マディソンワシントン州立大学

5巡172位指名PJ.K.スコットアラバマ大学

5巡174位指名WRマーケス・バルズスカントリング南フロリダ大学

6巡207位指名WRエクミニアス・STブラウンノートルダム大学

7巡232位指名DEジェイムズ・ルーニーカリフォルニア大学

7巡239位指名LSハンター・ブラッドリーミシシッピー州立大学

7巡248位指名LBケンダル・ドナーソンサウスイースト・ミズーリ州立大学

パッカーズは11人指名したうち、5人がWRかCBと、攻守に渡ってパスプレーの補強を図った指名だった。

アレクサンダーとジャクソンのCBコンビはパッカーズ守備を完全に変える可能性がある。18指名のアレキサンダーは、膝と手の負傷で昨季は6試合の出場にとどまったが、2年時は5インターセプト記録。コンバインでの40ヤード走、3コーンドリル、20ヤードシャトルの全てでCBの中でトップの成績を出し、負傷の影響を感じさせなかった。

45位指名のジャクソンは、ゾーンカバーを得意とした選手。昨季は8インターセプトでディビジョン!FBSトップ。守備範囲に投げられたパスの43.8パーセントしか成功させなかった。40ヤード走が4秒56と4秒4を切る選手が珍しくないCBの中では遅く、1巡指名はなかった。同じくゾーン守備を得意としているCBのリチャード・シャーマンの40ヤード走はジョンソンと同じ4秒56だった。2順ながら、早くも未来のスター選手としての注目を集めている。

昨季はQBアーロン・ロジャースの鎖骨への負傷で25位と低迷したパス攻撃。ロジャースの復帰は決まっているものの、長年の相棒WRジョーディー・ネルソンを放出。WRに補強が必要な状態だった。133位指名のムーアは、3コーンドリルではトップの6秒56、20ヤードシャトルでは2位の4秒04を記録し、今ドラフトのレシーバーの中で最も俊敏な選手。正確なルートを走ることのできる選手でもあるため、パスの精度の高いロジャースとの相性も抜群だ。WRブラウンは195センチの長身と大学在学中に6度しかパスを落とさなかった選手。6巡目ながら、活躍が期待できる。

シカゴ・ベアーズ

1巡8位指名LBロークアン・スミスジョージア大学

2巡39位指名Cジェイムズ・ダニエルズアイオワ大学

2巡51位指名WRアンソニー・ミラーメンフィス大学

4巡115位指名LBジョエル・イヤボニーウェイ東ケンタッキー大学

5巡145位指名DLビラル・ニコルズデラウェア大学

6巡181位指名DEカイリー・フィッツユタ大学

7巡224位指名WRジェイボン・ウィムズジョージア大学

8巡指名のLBスミスは現代のLBに求められるスキルを全て持っている選手だ。RBやTEがレシーバーとして機能することが増え、LBにはランを止めるための巨体とパワーよりも、パスカバーを行うことのできるスピードが求められている。スミスはパスカバーを得意とし、エンドゾーンでレシーバーをカバーしボールをはたき落とす場面もしばしば見られた。ラン守備が不得意というわけではなく、ミスタックルは昨季2回のみ。

51位指名のWRミラーは、スロットレシーバーとして324プレー、ワイドアウトとして436プレーに参加した万能選手だ。スクリーンパスで288ヤード獲得はカレッジトップだった一方で、20ヤード以上のロングパスも12回捕球で6位と、場所を選ばずに活躍できるのも強み。今オフに、WRアレン・ロビンソン、WRテイラー・ガブリエルを獲得したベアーズにとって楽しみな要素が一つ増えたと言える。