登山・アウトドア用品販売店、クライミングジム「グラビティリサーチ」を運営する好日山荘は、イギリスのクライミングギアメーカー「ワイルドカントリー」からブランド初リリースとなるクライミングシューズ2タイプを5月末より発売開始する。

 この度発売されるのはベルクロ2本締めタイプの「MESHUGA(メシュガ)」とシューレースタイプの「PARTHIAN(パーシアン)」。共に特許取得済みのアッパー素材と構造で、始めから履き馴染んだ感覚が得られ変形も起こりにくく、初期パフォーマンスを長く維持できるように設計されている。また、ソール部分は世界的なタイヤメーカーである「ミシュラン」とコラボレーション。モーターサイクルレースの世界最高峰「MOTO GP」で培ってきた知識と技術を継承した「フォーミュラワイルドソール」を採用し、フリクションと持続性を高い次元で保ちながら、広い温度帯でパフォーマンスを発揮する。

MESHUGA(メシュガ)



メシュガはアッパー素材に伸縮性の少ないサンドイッチ構造のマイクロファイバー+PUを使用しているため荷重時に力が逃げず、思い切って踏み込める。一体成型されたミシュランによるフォーミュラワイルドソールは抜群の安定性とグリップ力を保証する。

スペック

カラー:ブルー、グレー(2色展開)
サイズ:EU 38~43
価格:19,800円(税別)

PARTHIAN(パーシアン)



メシュガと同様に、アッパー素材にはのマイクロファイバー+PUを、ソールにはミシュランによるフォーミュラワイルドを使用。レースアップシステムのおかげでより高いフィット感が得られる。パーシアンは初心者にもお勧めの、マルチに使える一足になっている。

スペック

カラー:ブルー(1色展開)
サイズ:EU 38~43
価格:19,800円(税別) 
本件に関するお問い合わせ
株式会社好日山荘/MD部:原
TEL:078-231-1341
E-mail:eigyou@kojitusanso.co.jp
 

CREDITS

編集部