カンザスシティー・チーフス

2巡46位指名DEブリーランド・スピークスミシシッピ大学

3巡75位指名DTデリック・ナーディフロリダ州立大学

3巡100位指名LBドリアン・オダニエルクレムソン大学

4巡124位指名Sアルマーニ・ワッツテキサスA&M

6巡196位指名CBトレモン・スミス中央アーカンソー大学

6巡198位指名DTカリル・マッケンジーテネシー大学

昨季1試合あたり365.1ヤード喪失で28位だった守備を再建すべく守備の選手を6人指名したが、解決できたとは言い難い。2巡46位指名の DEスピークスは、大学3年間で9QBサックのみ。同じ2巡でテネシー・タイタンズに指名されたDEハロルド・ランドリーが3年生までの時点で20QBサックを挙げているのに比べると見劣りする成績だ。チーフス守備の特効薬にはなりづらいだろう。

チーフスは2016年にオールスター1軍に選出されたCBマーカス・ピーターズをロサンゼルス・ラムズとのトレードで失っている。CBの補強をドラフトで行うことが予想されたが、6巡のCBスミスまでCBの指名はなかった。スミスは AP通信FCSオールアメリカンの3軍に選ばれた選手だが、ピーターズの抜けた穴を埋めるのは難しいだろう。

ロサンゼルス・チャージャース

1巡17位指名Sダーウィン・ジェームズフロリダ州立大学

2巡48位指名LBウチェナ・ヌウォスUSC

3巡84位指名DTジャスティン・ジョーンズ北カロライナ州立大学

4巡119位指名Sカイゼア・ホワイト東バージニア大学

5巡155位指名Cスコット・クエゼンベリーUCLA

6巡192位指名WRディラン・ケントレルテキサス工科大学

7巡251位指名RBジャスティン・ジャクソンノースウェスタン大学

昨季就任のガス・ブラッドリー守備コーディネーター(DC)は、1年で1試合あたりの失点を26.4点から17点に向上させた。今季はドラフトによってさらなる守備強化を図っている。1巡指名のSジェームズは「運動能力、スピード、フットボールIQ、闘争心を持った選手を指名できたのは幸運」とブラッドリーDCも絶賛。ケイシー・ヘイワード、トレバー・ウィリアムス、デズモンド・キングの昨季パス守備で3位のDB陣に加わる。ジェームズはパスカバーに優れている上に、3年間で86タックル15ロスタックルと、ランで守備でも貢献できる万能選手だ。昨季31位だったラン守備を改善する要因になるだろう。

2巡から4巡までの指名も守備の補強に使った。2巡48位指名のLB ヌウォスはディビジョン1FBSトップの10回パスを叩き落とした選手。4巡119位指名のSホワイトはLBにコンバートする予定だ。

オークランド・レイダース

1巡15位指名OTコルトン・ミラーUCLA

2巡57位指名DTP.J.ホールサム・ヒューストン州立大学

3巡65位指名OTブランドン・パーカー北カロライナA&T

3巡87位指名DEアーデン・キーLSU

4巡110位指名CBニック・ネルソンウィスコンシン大学

5巡140位指名DTマリウス・ハーストミシガン大学

5巡173位指名Pジョニー・タウンセンフロリダ大学

6巡216位指名LBアジーム・ベクターワシントン大学

7巡228位指名WRマーセル・エイトマンオクラホマ州立大学

1巡指名のOTミラーは16回しかQBへのプレッシャーを許さなかった一方、パスラッシャーに一瞬で躱されてしまう場面も見られた。ジョン・グルーデンHCは「昨季はOTの不安定さが目立った」とレイダースOLを評価しているため、期待に応えられる選手になることができるか注目。

5巡指名のマウリス・ハーストは昨季オールアメリカ1軍に選出。1巡で指名されてもおかしくない実力を持ちながら、コンバインで心臓に問題があると発覚。詳細は非公開となっている。後日検査を受け直し、問題はないと診断された。プロデーには参加したが指名順を大きく下げる結果となった。同じ出来事が2013年にドラフトされたバッファロー・ビルズDTスター・ロウテレレイにも起き、現在も問題なくプレーしている。ハーストも何事もなくプレーできる可能性は十分にある。一方でレイダースの指名を「無責任だ」と責める声もあるが、試合への出場が叶えば活躍を期待できる選手だ。

デンバー・ブロンコス

1巡5位指名DEブラッドリー・チャブ北カロライナ州立大学

2巡40位指名WRコートランド・サットンSMU

3巡71位指名RBロイス・フリーマンオレゴン大学

3巡99位指名DBアイザック・ヤードムボストン大学

4巡106位指名LBジョーシー・ジュールアイオワ大学

5巡113位指名WRデイショーン・ハミルトンペンシルバニア州立大学

6巡217位指名LBケイワン・ビエリアワシントン大学

7巡226位指名RBデイビッド・ウィリアムスアーカンソー大学

QBケイス・キーナムとの契約後もジョン・エルウェイGMが「ドラフトでいいQBがいれば指名する」とコメント。1巡目はQBの指名が予想されたが、DEチャブを指名した。3年時と4年時に10QBサックを挙げている優秀なパスラッシャーだ。4連連続で10QBサック以上を記録しているLBボン・ミラーとのコンビでパスラッシュをかけることになる。「チャブと一緒にプレーしたい」とツイートしたミラーの希望が実現する形になった。

昨季1試合あたり18.1得点で27位だった攻撃を克服すべく、2巡40位でWRサットン、3巡71位でRBフリーマンを指名した。サットンは3コーンドリルでWRの中で3位に入ったアジリティーの持ち主。昨季1回あたり5.3ヤードを記録したランアフターキャッチも魅力だ。

フリーマンは2年時に283回走1836ヤード17TDを記録。オレゴン大学の1シーズンのラッシング記録を塗り替えた。ドラフト1巡2位でニューヨーク・ジャイアンツに指名されたRBセイクオン・バークリーの、ラン217回走1271ヤード18TDをラン1回あたりの獲得ヤード数で上回っている。オレゴン大学はフリーマンの2年時には1試合あたり43得点で、ディビジョン1FBSの128チームのうち5位だったが、3年時は27位、4年時は18位だった。3,4年時はチームが好調だった2年時ほどの成績を残すことはできなかったが、4年間で獲得した5621ヤードはカレッジフットボール史上7位。高いポテンシャルを持っているのは事実。昨季までの先発RBC.J.アンダーソンを解雇したブロンコスにとって、掘り出し物となる可能性がある。