ピッツバーグ・スティーラーズ

1巡 28位指名 Sテレル・エドマンズ ヴァージニア工科大学

2巡 60位指名 WRジェイムズ・ワシントン オクラホマ州立大学

3巡 76位指名 QBメイソン・ルドルフ オクラホマ州立大学

3巡 92位指名 OTチャクウーマ・オコーラフォア 東ミシガン大学

5巡 148位指名 Sマーカス・アレン ペンシルバニア州立大学

5巡 165位指名 RBジェイレン・サミュエルズ 北カロライナ州立大学

7巡 246位指名 DTジョシュア・フレイザー アラバマ大学

1巡目指名のSエドマンズは予想のしにくい指名となった。スティーラーズのSはグリーンベイ・パッカーズから移籍したモーガン・バーネットを除くと、ジョーダン・デンジャーフィールド、J.J.ウィルコックス、シーン・デイビスと経験、実績のない選手のみ。しかし、エドマンズはタックルミスが多く、2巡目以降の指名が予想された選手。活躍が約束された選手とは言い辛い。5巡目でもSのアレンを指名しており、Sの補強が急務であることが伺える。

36歳のQBベン・ロスリスバーガーの後継者としてQBルドルフを指名した。昨季はディビジョン1FBSトップの1試合あたり377ヤード獲得した選手だ。オクラホマ州立大学でのルドルフの相棒、WRワシントンも2巡目60位でで獲得している。ワシントンは最優秀レシーバーに与えられるフレッド・ビレットニーコフ賞を受賞しているが、身長が185センチ、40ヤード走4秒56と、サイズとスピード不足気味。一方でスティーラーズには昨季のリーディングレシーバーWRアントニオ・ブラウンがいるため、ワシントンのカバーは比較的甘くなる可能性があるのは明るい材料だ。

ボルチモア・レイブンス

1巡25位指名TEヘイデン・ハースト南カロライナ

1巡32位指名QBラマー・ジャクソンルイビル大学

3巡83位指名OTオーランド ブラウンオクラホマ大学

3巡86位指名TEマーク・アンドリューズオクラホマ大学

4巡118位指名CBアンソニー・アベレットアラバマ大学

4巡122位指名LBケニー・ヤング UCLA

4巡132位指名WRジャリール・スコットニューメキシコ州立大学

5巡162位指名WRジョーダン・ラズリーUCLA

6巡190位指名Sデショーン・エリオットテキサス大学

6巡212位指名OTグレッグ・セナットワグナー大学

6巡215位指名Cブラッドリー・ボーズマンアラバマ大学

7巡238位指名DEザック・シーラーフェリス州立大学

レイブンズは今季ドラフト最多の12人を指名。昨季27位だった攻撃を補強するべく、8人の攻撃選手を指名した。

昨年6月にTEデニス・ピタを放出した穴を埋めれられずにいたが、1巡25位でTEハースト、3巡86位でTEアンドリューズを指名した。ハーストはキャッチ力にすぐれ、昨季一度もパスを落とさずに44捕球。10捕球以上した選手の中で唯一、落球がなかった。40ヤード走4秒64のスピードと併せて即戦力になれる選手だ。アンドリューズはTE最多の958ヤードを獲得している。

今ドラフトの2巡52位指名と4巡125位指名に加え、2019年ドラフトの2巡の指名権をフィラデルフィア・イーグルスに渡すことで1巡32位の指名権と、5巡132位の指名権を獲得。32位の指名権でQBジャクソンを指名した。ジャクソンは昨季232回走1601ヤードを獲得したモバイルQBだ。コンバインでは、WRへのコンバートを求める声に反発し、体力測定を拒否。「俺はQB以外はやらない」と、強い意志を示した。パス成功率は59.1パーセントと改善が必要だが、レイブンズはQBジョー・フラッコが先発を務めているため十分に時間はある。ジャクソンの「俺がレイブンズをスーパーボウル制覇させる」との言葉が実現することに期待だ。

シンシナティ・ベンガルズ

1巡21位指名Cビリー・プライスオハイオ州立大学

2巡54位指名Sジェシー・ベイツウェイクフォレスト大学

3巡77位指名DEサム・ハバードオハイオ州立大学

3巡78位指名LBマリク・ジェファーソンテキサス大学

4巡112位指名RBマーク・ウォルトンマイアミ大学

5巡151位指名CBダボンテ・ハリスイリノイ州立大学

5巡158位指名DTアンドリュー・ブラウンバージニア大学

5巡170位指名CBダリウス・フィリップス東ミシガン大学

7巡249位指名QBローガン・ウッドサイドトレド大学

7巡252位指名OTロッド・テイラーオールミス大学

7巡253位指名WRオーデン・テイトフロリダ州立大学

昨季OLで苦しんだベンガルズは1巡目21位指名のCプライスと、OTテイラーを指名。アーカンソー大学のCフランク・ラグノーがドラフト最高のCと評価されていたが、20位でデトロイト・ライオンズに指名された。プライスもラグノーと遜色ない選手と言われているため、Cラッセル・ボーディンが3月に退団したベンガルズにとっては必要な選手だった。

4巡目112位指名のRBウォルトンは足首の負傷で昨季は5試合にしか出場できなかった。コンバインでの40ヤード走のタイムが4秒6とかんばしくなかったため、指名順が下がった。しかし、2年時には209回走1117ヤード14TDを記録。昨季も負傷するまでは一回走平均7.6ヤードを記録していた。レシーブングでも2年時に27捕球240ヤードと結果を残しており、1年時には17回のキックオフリターンで300ヤードをリターンしている。持ち味の鋭いカットを武器に、 NFLで活躍をするポテンシャルを持った選手だ。

クリーブランド・ブラウンズ

1巡1位指名QBベイカー・メイフィールドオクラホマ大学

1巡4位指名CBデンゼル・ワードオハイオ州立大学

2巡33位指名OLオースティン・コルベットネバダ大学

2巡35位指名RBニック・チャブジョージア大学

3巡67位指名DEチャッド・トーマスマイアミ大学

4巡105位指名WRアントニオ・キャラウェイフロリダ大学

5巡150位指名LBジュナード・エイボリーメンフィス大学

6巡175位指名WRダミオン・ラットリーテキサスA&M大学

6巡188位指名CBシミオン・トーマスルイジアナ大学

全体1位指名のQBメイフィールドは、史上初めての奨学金をもらっていないウォークオンとしてハイズマン賞を受賞した。昨季404投285回成功4627ヤード43TDを記録。最大の武器はディビジョン1FBS最高のパス成功率、70.5パーセントが示す正確なパスだ。185センチと、身長がQBとしてはもの足りていないため、サム・ダーノルド、ジョッシュ・ローゼンといったQBよりも低く評価するアナリストもいたが、ジョン・ドーシィGMは「高校、大学と実力で評価を勝ち取った男だ。クリーブランド・ブラウンズにとって彼以上の選手はいない。フットボールをよく理解していて、勝ち方もわかっている。よくできた選手だ」と、メイフィールドを選択した理由を明かした。当面はQBタイロッド・テイラーの控えとしてNFLに対応する見込みだ。

ブラウンズのもう一人の1巡目指名、CBワードは40ヤード走4秒32の瞬足を武器に相手のレシーバーをカバーする選手。オールアメリカを選出する5つの媒体全てで1軍に選出された。2巡目35位のRBチャブはタックルされたあとに平均3.7ヤード走るパワフルなランが持ち味だ。