立大が2対1で法大に逃げ切り勝ち。今カード2勝1分けとして開幕2週連続で勝ち点1を手にした。

ハイライト動画はこちら!

 前日までの暑さから一転、灰色の雲と肌寒さの中で行われた一戦。2日前の1回戦で、7回5安打無失点と好投した立大・田中誠也(3年・大阪桐蔭)と7回8安打3失点で負け投手となった菅野秀哉(4年・小高工)のエース同士が再びマウンドに上った。

 

1失点完投で今季3勝目を挙げた立大・田中誠

 

序盤3回は両チーム無得点。しかし4回裏、立大が4試合連続本塁打の記録がかかりながらも「単打でもエラーでも、チームのために」と語っていた4番・三井健右(2年・大阪桐蔭)の四球から1死2塁として、6番の藤野隼大(3年・川越東)が「相手が菅野さんだったし、早い段階で得点が欲しかった」とライト線へ先制のタイムリー2塁打を放った。

 

4回、藤野の先制打に沸く立大ナイン

 

 援護をもらった立大・田中誠は、中1日での登板にも疲れを見せず、「(涼しくて)今日は投げやすかった。今日勝たないとダメだと思っていたし、今日で決めるという気持ちが強かった」と中盤以降もテンポの良いピッチングで無失点を継続すると、7回裏に立大が9番・笠井皓介(3年・桐蔭学園)のスクイズで貴重な追加点。田中誠は土壇場の9回2死から1点を失って完封こそ逃したが、最後まで集中力を切らさずにゲームセット。計135球、9回を7安打7奪三振1失点に抑え、「チームが勝って良かった」と笑顔を見せた。

 

7回、立大・笠井が貴重な追加点となるスクイズを決める

 

 1点差勝利に「しびれましたね、最後は。(田中)誠也がエースのピッチングでしたね」と試合後の溝口智成監督は興奮気味。「去年よりも真っ直ぐの質が良くなった。変化球の制球も良くなって、苦しい時にすべての球を放れる」と、早くも17年春の自己最多に並ぶ3勝目を挙げた左腕の成長を褒め称えた。その田中誠も「思ったより三振も取れているし、自分の思い描いた球筋のボールも増えてきた」と手応え十分。身長1メートル73センチ、春を謳歌する小柄なエースとともに、立大が好発進を決めた。

■法政大vs立教大3回戦
法政大 000 000 001=1
立教大 000 100 10X=2
【法】●菅野、三浦-中村浩
【立】〇田中誠-藤野

◎立教大・溝口智成監督
「しびれましたね、最後は。(田中)誠也がエースのピッチングでしたね。最後の2回は疲労もあったでしょうし、向こうのタイミングもあって来て、代えどころをどうしようかと思っていた。同点まではと思っていたんですけどよくやってくれました。こういう大事な試合を一人で投げ切ったというのは、誠也にとってもすごく大きな経験になるでしょうし、自信になったと思います。1週あくので、ひと区切り。昨年の秋も4連勝して5連敗した。もう一回、開幕のつもりでやって行かないといけない。守りに入らずにやって行きたいと思います」

◎立教大・田中誠也投手(2年・大阪桐蔭)
「真っ直ぐが良かった。丁寧に、ランナーを背負っても投げ急がずにできたと思います。今日はお前に任せると言われた。今日勝たないとダメだと思っていたし、今日で決めるという気持ちが強かった。自分のことよりチームが勝ったんで良かったです。去年は4連勝の後に5連敗をして、今年はそこを変えようと思ってやっている。次の登板までできることをやって臨みたい」

◎立教大・藤野隼大捕手(3年・川越東)
「(先制打は)相手が菅野さんだったし、早い段階で得点が欲しかった。2ストライクからよく粘って打てたと思います。(先発の田中誠へのリードは)高さ、コースをしっかりとメリハリを付けていけた。(次戦へ向けて)去年は春、秋と慶応から勝ち点が取れていない。打たれて負ける試合が多かったので、まずはしっかりと慶応打線を抑えられるように、この2週間で準備したい」