ニューイングランド・ペイトリオッツQBトム・ブレイディが、未だ今季現役を続行する意思を表明していないことが現地4月18日にわかった。4月16日始まったオフシーズンの練習にも参加していない。

ブレイディ本人の口から真実が語られたわけではないが、引退する可能性は極めて低いと報じられている。昨季スーパーボウル後のインタビューで現役続行を表明。チームメートと個人的に練習している姿も見られた。チームのオフシーズンの練習に参加しなかったのは初めてのことではなく、2008年から2010年の3年間はいずれも不参加だった。可能性として高いのは、ブレイディが契約の延長を希望していることだ。2016年に結んだ4年契約が今年で残り2年。2013年と2016年に、同じ残り2年のタイミングで契約を延長しているだけに可能性は十分に高いと見られている。

ブレイディは今年で41歳。実際に契約の延長を望んでおり、2013年と2016年と同じく、年契約を延長した場合、45歳までプレーする見込みとなる。

メキシコシティーゲームの日程を発表

NFLが今季のメキシコシティーゲームはロサンゼルス・ラムズとカンザスシティー・チーフスにより、現地11月19日午後8時15分より行われると発表した。今季移籍したばかりのチーフスWRサミー・ワトキンズ、ラムズCBマーカス・ピーターズにとってはそれぞれ初めての古巣との対決だ。メキシコシティーゲームは2016年に始まり、今年で3回目。レギュラーシーズンの試合を、メキシコシティーのエスティアド・アステカで行っており、2021年までは続くことが決定している。昨シーズンはニューイングランド・ペイトリオッツと、オークランド・レイダースが対戦。33対8でペイトリオッツが勝利を収めている。

NFLレギュラーシーズンの残りの日程は、現地4月19日発表予定。

セインツWRコールマン残留決定

ニューオーリーンズ・セインツWRブランドン・コールマンの残留が決定した。ドラフト外で2014年に入団。今季4年目のコールマンは契約が切れ、無制限フリーエージェントに。他のチームと契約する可能性が高かったが、セインツと契約を結び直した。コールマンは、マイケル・トーマス、テッド・ギンJrら強力なレシーバーを揃えるセインツでは出場機会をあまり得られず、昨季は23回捕球364ヤード3TD。しかし、「セインツに残りたいけど俺にはどうにもならない」と残留を希望するコメントを残していた。残留の希望がかなった今季の活躍に期待だ。