12月23、24日、第8回全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会が埼玉県の加須市民体育館で開催された。争われる種目はリードで、23日に予選が、24日に準決勝、決勝が行なわれていた。

 男子の優勝は本間大晴(埼玉県・久喜工業)。本間は予選2ルートを両完登し、準決勝でもTOPに迫る39+で決勝へ首位通過すると、最後も難なく完登してみせ自身の高校選手権ラストトライを有終の美で締めくくった。これでリードジャパンカップ、JOCジュニアオリンピックカップに続き、リード種目において今年3度目の栄冠を手にしたことになる。

 女子は18歳、森脇ほの佳(大阪府・昇陽)が同学年である高田こころ(鳥取県・鳥取中央育英)の大会3連覇を阻んで初優勝。準決勝7位からの逆転で、今季リード日本代表に選ばれたその実力を示した。

 これで、2017年のスポーツクライミング国内主要大会はすべて終了となった。

女子表彰台=左から直井友希、中村真緒、曽我綾乃、林まりな、西田朱李、高田こころ、倉菜々子、森脇ほの佳

第8回全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会

<リザルト・決勝>

男子
1位:本間 大晴(埼玉県/久喜工業/3年)/TOP
2位:今泉 結太(茨城県/翔洋学園/2年)/30+
3位:中上 太斗(福岡県/沖学園/3年)/30
4位:田中 修太(新潟県/直江津中等教育学校/2年)/30
5位:土肥 圭太(神奈川県/平塚中等教育学校/2年)/26
6位:川畑 イサム(鹿児島県/鶴丸/2年)/23+
7位:山口 龍磨(東京都/砂川/1年)/23+
8位:天笠 颯太(神奈川県/横浜清陵/2年)/22

女子
1位:森脇 ほの佳(大阪府/昇陽/3年)/36+
2位:倉 菜々子(愛知県/安城学園/2年)/35
3位:高田 こころ(鳥取県/鳥取中央育英/3年)/34+
4位:西田 朱李(千葉県/幕張総合/2年)/34+
5位:林 まりな(福島県/湯本/3年)/31+
6位:曽我 綾乃(埼玉県/伊奈学園総合/1年)/23+
7位:中村 真緒(東京都/日出/3年)/16+
8位:直井 友希(福井県/武生/1年)/15+

CREDITS

編集部 /

写真

miwakokubota