2月10日、東京都三宅島で村主催としては初のボルダリング大会が開催される。都心から南へ約180km離れたこの離島では近年岩場の開拓が進み、クライミングによる島おこしが活発なだけあってその熱も高い。

 2011年に廃校を利用したクライミング施設が誕生すると、島内の利用者も増え始め、その後リード壁が5面増設されるまでになった。この三宅島レクリエーションセンターは今回の会場にもなっていて、広さは日本最大級を誇る。

 大会はビギナー、ミドル、エキスパートの3カテゴリーに分けられ、セッション方式の予選、ベルトコンベア方式の決勝から構成される。ゲストクライマーとして野中生萌が参戦し、大会終了後には本人による講習会も行なわれる予定だ。

 申し込みは1月15日郵送到着分で締切となる。参加ご希望の場合は、下記の募集サイトから。

三宅島ボルダリング大会2018

開催日時

2018年2月10日(土)9時~17時

参加費

2,500円
(島外からツアーに参加される場合、別途旅行代金が必要です)

定員

100名
(定員になり次第締切)

【問合せ先】
近畿日本ツーリスト株式会社 トラベルサービスセンター東日本
「三宅島 ボルダリング大会2018」係
TEL:0570-064-205

CREDITS

編集部 /

写真

三宅島観光協会