ソフトB-DeNA第6戦  DeNAにサヨナラ勝ちで日本一となり、喜ぶソフトバンクナイン=ヤフオクドーム

 

 

 

 福岡ソフトバンクが延長戦の末に4対3で横浜DeNAにサヨナラ勝ち。対戦成績を4勝2敗として2年ぶりの日本一を決めた。

 第1戦から3連勝を飾った後に2連敗して迎えた第6戦。初回はともに無得点。しかし、福岡ソフトバンクが2回裏、それまで無安打に抑えていた横浜DeNAの先発・今永に対して2死走者なしから6番・松田が左中間のホームランテラスへシリーズ1号ソロを放り込み、1点を先制した。

 第2戦での先発から中5日、再び本拠地の大声援を背にマウンドに上った福岡ソフトバンクの東浜は、バックの好守に助けられながら気迫のこもった投球を展開。だが、5回に落とし穴。横浜DeNAがこの日「7番・DH」でスタメン出場した白崎がレフトへ完璧な当たりの同点ソロ。さらに走者2人を出して東浜が降板すると、3番手の石川からロペスがレフトへ2点タイムリーを放ち、この回一気に逆転に成功した。

 2点のビハインドを背負った福岡ソフトバンクは、今永に対して7回まで松田の本塁打のみの1安打で11奪三振を喫していたが、8回に先頭の長谷川が2塁打で出塁すると、1死3塁から柳田の投手ゴロの間に1点を返し、さらに土壇場の9回裏に1死から内川が、横浜DeNAの守護神・山﨑康から起死回生の同点ソロ。試合を延長戦に持ち込んだ。

 1点勝負の中で力を発揮したのがサファテ。9回からマウンドに上がると、続く10回、そして11回と計3イニングを無失点に抑える力投。すると11回裏、横浜DeNAのエスコバーから2四球で1死1、2塁のチャンスを作ると、代わった三上から松田がサードゴロも宮﨑の一塁への送球がわずかに逸れて併殺を免れると、2死1、2塁から川島がライト前ヒット。梶谷の返球はタイミング的にはアウトだったが、ワンバウンドしたボールが本塁目前で大きく跳ね、2塁走者の中村が生還。球場は歓喜に包まれた。

 福岡ソフトバンクは、前身の南海、ダイエー時代を含め通算8度目の日本一。監督として2年ぶり2度目のシリーズ制覇を果たした工藤監督は、「苦しかった。3連勝した後に2つ負けて、選手もそうですが僕自身も勝たなきゃいけない、負けられない中で、選手たちが実力以上の力を、このヤフオクドームで、ファンの前で出せたことが最高に幸せです」と万感の笑み。「今までにない最高の気分でした。選手のみんなありがとう」と胴上げを感謝した。