8回ソフトバンク無死、川島を空振り三振に仕留め、雄たけびを上げるDeNA先発の浜口=横浜【写真提供:共同通信社】

 

 

 

 横浜DeNAのルーキー・濵口が1日の日本シリーズ第4戦・福岡ソフトバンク戦(横浜)に先発し、8回途中無失点の好投でチームにシリーズ初勝利をもたらした。

 負ければシリーズ敗退が決まる一戦で、ルーキー左腕が躍動した。7回まで3つの四死球と振り逃げの4人の走者を許したが、安打はゼロ。「緊張したが、とにかく自分の持っている力を全力でぶつけて行こうと思って投げた」という濵口は、8回も先頭打者の川島を三振に打ち取り、個人では史上初の快挙に期待が高まった。しかし、続く代打の鶴岡を空振り2つで2ストライクに追い込んだ後、右中間を破られて初安打を許した。

 その後は「切り替えた」と長谷川を空振り三振に打ち取ったが、続く柳田の内野安打で2死1、3塁とされて降板。自ら招いたピンチだったが「パットンがしっかり抑えてくれてよかった」と3連投となった助っ人に頭を下げた。

 お立ち台で好投の要因を聞かれた濵口は「髙城さんのおかげ」と、シリーズ初出場で3安打3打点と活躍した女房役を褒め、さらに「佐賀の偉大な先輩が先制点を取ってくれた」と、5回に先制のソロ本塁打を放った同郷の宮﨑に感謝。3人並んでのお立ち台で、「明日も絶対勝ちます」と前の2人と同じ言葉を続けると、シーズン中と同様に「I LOVE YOKOHAMA」の掛け声とともに、高々とタオルを掲げた。