※掲載期限切れのため動画は削除しました

初陣のレイアを含めた4チームで争われるティアラカップが岐阜の長良川球場で行われた。
第1回戦はレイアVS京都フローラ。

先制点は、フローラ。
2回裏、1アウト満塁のチャンス、8番・長尾がレフトーオーバーの2点タイムリー。
さらに1番・中野のタイムリーで0-3とする。

3回にも1アウト二塁の場面で、5番・泉、6番・池山の連続タイムリーで0-5とレイアを突き放す。

プロ初戦で1点が欲しいレイアは4回。
1アウト三塁で、7番・小原のサードゴロをフローラが送球ミス。その間に生還し初得点。

しかし、レイアの攻撃はここまで。

フローラ先発投手・小西が4回以降を3安打無失点に抑える好投を見せる。

打線もそれに応え5回にさらに1点を加え、1-6としてする。
フローラはこの点差を守り切り、試合終了。

ティアラカップ第1戦は京都フローラがレイアを1-6で下した。