※掲載期限切れのため動画は削除しました

ティアラカップ熊本大会の1回戦第1試合、レイアVS埼玉アストライアが藤崎台県営野球場で開催された。

初回、先制したのはアストライア。
1アウト三塁とチャンスをの場面で3番・楢岡がレフト前にタイムリーを放ち0-1とする。

さらに3回表。
1アウト二、三塁から5番・今井のライト前タイムリー。さらに8番・加藤がレフト前タイムリーを放ち、1-3と2点を追加する。

負けられないレイアはその裏。
ノーアウト一塁で1番・浅野がレフト線を抜けるタイムリーで1点追加。続く2番・佐々木が送りバントで1アウト3塁のチャンスを作ると、3番・星川がライト線へタイムリースリーベースで2-3と1点差に追いつく。

しかし、6回表。
アストライアは4番川端からの連打と相手のエラーもあり、一挙6点を加える猛で2-9とレイアを突き放す。

投げては、アストライア7年ぶりとなる先発投手の塩谷が、3回以降レイアを1安打無失点に抑える好投を見せ、7回も3人できっちり抑えて試合終了。

レイアVS埼玉アストライアのティアラカップ・熊本大会第1戦は2-9でアストライアが勝利した。