※掲載期限切れのため動画は削除しました

9月4日、埼玉アストライアVS京都フローラのヴィクトリアシリーズ第16戦が、市営大宮球場で行われた。

先制はフローラ。
初回、1アウト三塁で、3番・三浦がセンター前タイムリーを放ち、0-1。

さらに3回にも1アウト二塁から1番・中野が左中間へのタイムリーで0-2と追加点を挙げる。

負けられないアストライアは反撃に出る。
4回に5番・岩田のタイムリー、5回には代打・加藤が右中間を破るタイムリーで、2-2の同点に追いつく。

続く6回には2アウト満塁からエラーと適時打を含む4連打を放つ。この回だけで一挙6点を追加し、試合を決定づけた。

7回は、フローラ先発投手・谷山が三者凡退に締めゲームセット。

埼玉アストライアVS京都フローラのヴィクトリアシリーズ第16戦は、8-2でアストライアの勝利。