※掲載期限切れのため動画は削除しました

ティアラカップ熊本大会の決勝戦、埼玉アストライアVS兵庫ディオーネが、9/10藤崎台県営野球場で行われた。

2回、先制点はアストライア。
ノーアウト一塁で、6番・岩谷がレフトオーバーのタイムリーで1-0。

続く3回、ディオーネが2点を返し、逆転に成功する。

しかし4回、アストライアが猛攻を見せる。
1アウト満塁で、8番・岩見から3連続タイムリー。さらにチャンスは続き、2アウト満塁で
3番・楢岡が2点タイムリーを放ち、この回一挙5得点で6-2とする。

さらに6回にも2点を追加し、ディオーネを突き放しにかかる。

ディオーネは、6回、7回に1点ずつを返すも、反撃はここまで。

ティアラカップ熊本大会の決勝戦は、埼玉アストライアが14安打の猛攻で兵庫ディオーネを下した。