※掲載期限切れのため動画は削除しました

9月18日、埼玉アストライア VS 兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第19戦が、所沢航空記念公園野球場で行われた。

序盤はアストライア・谷山、ディオーネ・里、両先発の投げ合いで2回を終えて0-0。

試合が動いたのは3回。
2アウト一、三塁で6番・岩谷が今季第3号のスリーランホームランで、3-0とする。

さらに4回。
連打と盗塁でノーアウト二、三塁とすると、3番・楢岡がレフト前に2点タイムリーを放つ。続く5番・今井のレフト前タイムリーと6番・岩谷の適時野選で7-0とリードを奪う。

投げては、アストライア・谷山が5回を3安打無失点に抑える好投で、ディオーネに得点を許さず。

負けられないディオーネは、6回。
アストライア2番手投手・萱野から2点を奪い、7-2と追い上げる。

7回にもノーアウト一、三塁の場面を作り1点を返したが、続くチャンスを生かせず、ゲームセット。

ヴィクトリアシリーズ第19戦、埼玉アストライア VS 兵庫ディオーネはアストライアが7-3でディオーネを下した。