アメリカンフットボールの関西学生リーグは21日、京都・西京極陸上競技場で第5節の試合があり、京大が同大に47-6で圧勝。通算成績を3勝2敗とした。同大は1勝4敗。  

攻守のライン戦で勝る京大は雨の中、RB佐藤航生(3年、藤島)の2TDランやQB田中大輔(4年、関西大倉)の2TDパスなどで34-0として後半へ。第3Qからはこれまで出番のなかった選手を起用し、1年生QB丸岡晃人(麻布)のTDランなどで13点を加えた。同大の反撃は第4Q3分すぎ、RB鳥山佳孝(2年、クラーク記念国際)のTDランによる6点にとどまった。  

京大の西村大介監督は「関学、立命と負けて、この試合までの2週間は正直難しかったです。でも(優勝の)可能性がゼロでない限り、とにかく前へとやってきました。来年のエースQBになる丸岡をはじめ、能力の高い1年生を試合で試せてよかったです」と話した。