※掲載期限切れのため動画は削除しました

レイアを含めた4チームで争われるティアラカップが岐阜の長良川球場で行われた。
3位決定戦はレイアと兵庫ディオーネの対戦。

レイア先発ピッチャーは、2年目の松谷、ディオーネは左腕の泉。
この試合、レイアが奮起し、ディオーネと接戦繰り広げた。

初回、ディオーネが攻める。
ノーアウト二塁から2番・三原のタイムリーで1点。さらに4番・山崎のタイムリーとワイルドピッチで0-3とする。

3回表、レイアも負けてはいない。
2アウト二塁の場面で2番・佐々木がレフト前ヒット、レフト捕球エラーの間に生還。さらに4番・森のタイムリーと送球エラーで2点追加し、3-3の同点に追いつく。

しかし4回裏、レイア・松谷はディオーネに打線に捕まり2失点、逆転を許す。

追いつきたいレイアは6回に1点を追加。さらに7回には2アウト一、二塁のチャンスを作るも生かせず、ここでゲームセット。

レイアVS兵庫ディオーネの3位決定戦は4-5でディオーネの勝利。